ロードバイク、ロングライドは荷物が多い💦サドルを有効活用、最適アイテムってどんな物❓

あれもこれもと言ってると、フレームのボトルケージだけじゃ足りない🤣

ロングライドになると、ドリンクボトルも一つじゃ不安、万が一のツールケースもあるし。
あとはお気に入りのJBL FLIP6も忘れちゃいけない😅

「ん?グストでこんなにいっぱい持ってけないじゃん!」


さあ、どうする?


そんなお悩み解決!

サドルマウントケージを使ってみよう☝️

SHIMANO PRO (シマノプロ) トライアスロン サドルマウントケージで解決なるか?

荷物のお悩みを解決してくれるのがこちらのアイテム!
SHIMANO PRO (シマノプロ) トライアスロン サドルマウントケージ
エアロフューエル」というシマノプロのサドルに最適!
(息子のグストは違うサドル😅)
ボトルケージを2つ付ける事が可能、サドルレールに取り付けます😀

シマノプロ トライアスロン サドルマウント ケージ

SHIMANO PRO (シマノプロ) トライアスロン サドルマウントケージ

早速、取り付けです

いきなりですが、ここで想定内の事態が発生❗️

サドルマウントケージが水平に取り付けられない😅
これはサドルレールの構造次第なので仕方ないんです。

グストに付いてるサドルは、画像にあるような構造。
(分かり辛いですが・・・)
要は、サドルレールの上部とマウントが干渉して固定出来ないんです。

このマウントは20°斜め取り付けも出来るので、こちらで対応😄
ちゃんと考えてあるんですね👍

さらに想定内の事態が発生‼️

サドルマウント取り付けて早速ライドに出掛けたら、
60km位走ったところで、取り付けネジが脱落💦
金具も一緒に何処へやら・・・💧

「やっぱり・・・」
「振動ですぐ緩むんじゃないかなぁ〜」と😅

ネジの緩み止めとか必要でした。

考えてみれば、ボトルケージ2個だから平気で1kg位の重量がここに掛かる💦
さらに走行中の振動加われば、そりゃ緩みますね😅


と言う事で、気を取り直して緩み止め対策を施しま〜す!

「ダブルナットで緩み止め作戦!」

まずは、ビスを交換しま〜す😃
付属のビスは、ぴったりの長さで作られてるので、5mmほど長いものにします。
左側が付属のもの。
ちなみにビスと一緒に旅立ってしまった金具は、たまたま私の宝箱に似たのがあったのでそれを使用🤣

次にナット追加しま〜す😀
マウント側にはネジ山が切られており、これが1個目のナットと捕らえ、その外側にもう一つナットを入れて固定します。
これで「ダブルナット作戦」の完成〜😁

プラスαの対策も施し、取り付け完了!

ボトルケージも新たに購入、ギアトルのボトルケージ(2個セット)

ギアトル ボトルケージ 2個セット



って事は、ボトルケージがフレームに2個、サドルに2個、計4個

これだけあれば、ロングライドのお荷物問題解決ですね😆

水平も良いけど、斜めもなかなかイイかも👍

シマノプロ トライアスロン サドルマウント ケージ

SHIMANO PRO (シマノプロ) トライアスロン サドルマウントケージ

おまけに、シートポストにテールランプ😄

テールランプ新調です。
以前はサドル下専用のテールランプを付けていましたが、
サドルマウントを追加した事で視認性が悪くなるため変更です😅

キャットアイ(CAT EYE)RAPID X
かなり明るいですね、安心安心!
発光パターンも6種類😆
取り付けもシンプル、Good👍


キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト RAPID X TL-LD700-R

サドルマウントを使い始めて10ヶ月位のある日、事件が・・・💦

何が起こったの⁉️

通称「ワンイチ」東京湾一周ライドに行った時、千葉の幕張辺りでサドルマウントに入れていたツールケースが無い事に気付いた💦

「やべっ!どこかで落とした💦どこで落としたかも思い当たらない・・・」
「ライドで一番落としてはいけない物を落としてしまった😱」
「まだ全行程の1/3も走ってないのに・・・💧」

絶対パンク出来ないじゃん😰」

ここのところ山道で立て続けにパンクに見舞われ、少し神経質になっていたところだったので

これは大事件‼️

しかし、あてもなく戻って探すって訳にもいかないし、ここで「ワンイチ」を中断する話でもない。

先を目指すしかない、覚悟を決め出発❗️

なのに、しばらく走ったところで、
「あっ、そう言えば花輪辺りの交差点で段差乗り越えたな、落としたのはきっとあそこだ❗️」
思い出してしまった😅
しかしもう千葉駅まで来てる、今更戻れん・・・。

もう振り返らない‼️」

そんなこんなでちょっとヒヤヒヤしながらも、結果、何事もなく無事に「ワンイチ」は完走😄



そんな事件があったのですが、この件に関してはサドルマウントの注意点として、使い始めた頃から気になっていた事でした。

サドルにガッチリ固定されているとは言えども、腕の先にボトルケージが付いているので、やはり振動が大きくなるんですね。
更に斜めで固定していたので、水平よりも当然落ち易い格好です😅


実際起きた事柄としては、サドルマウントに入れてた新品のドリンクボトルが、振動でクルクル回って見るも無残に傷だらけ💦

ボトルケージとボトルの大きさが今ひとつ合ってなかったのも原因ですが、なにせ「自分の視界に入らないところなので、何かが起こっても気付けない」んです・・・😅
なので、時々手で後ろを確認するなどの気遣いが、ちょっとストレス。

これはサドルマウントのデメリットですね。

対策はこれで決まり❗️

カラビナ」で解決です!
ツールケースのチャックの持ち手とボトルケージをカラビナで繋ぐだけ!

100均で2個セット、みたいなので十分👌

カラビナ 10個

ボトルケージのネジが緩んで落ちたらアウトですが・・・🤣
それを克服するなら、スプリングコードのキーホルダーで解決ですね👍

スプリングコード カラビナ付

これで解決❗️もう後ろは振り返らない👍

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

TOP