あれこれ悩んだ末に決心!アルミホイールから、TOKEN(トーケン )カーボンホイールに交換😀

TOKEN KONAX PRO DISK PRIMEを選択!

グスト純正ホイールはFulcrum Racing 900 DB
ロードバイク初心者としてはそこそこのスペック。
でも、乗り続けているうちに色々と感じる部分もあるようで・・・😅

「ん〜、もう少しリムハイトのあるホイールがカッコいいなぁ」
「カーボンホイールにすれば重量も軽くなるしなぁ」
「カーボンホイールのラチェット音も独特でいいなぁ」

高校生ライダーは、お財布と相談しながら悩んでいました😁
そして悩んだ末に出た結論がこちら!
TOKEN KONAX PRO DISK PRIME

ディスクローターだけ移植したところ・・・📸

このホイールのスペックです

・サイズ:700C 
・リム:カーボン チューブレスレディ/クリンチャー
・リムハイト:52mm
・ハブ:TOKEN Prime TK493 (シマノ11S対応、ディスクセンターロック)
・重量:1,452g(前・後)

Fulcrumと比べて、
重量は2,368g軽い
リムハイトは30mm高い
いい感じのグレードアップです😀

ホイール全体のデザインも控えめだけどオシャレ😃
ロゴが派手過ぎず渋い
KONAX PRO」のゴールドもワンポイントで目を惹きますね👍
KONAX」はアイアンマン世界選手権でも有名なハワイ島カイルア・コナがモデル名の由来だそうです🤙

トーケン KONAX PRO Disc Prime カーボンチューブレスレディシマノ11段/スラム用 前後セット

TOKEN KONAX PRO DISC ブラック 700C

今回はクリンチャーで組みます

このホイールはチューブレスレディ、クリンチャー両方対応👍
リムテープも貼られていました。
タイヤは今まで使っていたものがまだ使えるので、クリンチャー仕様で使います😀
ちなみにタイヤは
Continental Grand Prix 5000
次はチューブレスレディも試してみるか?

クリンチャーで組むにあたって、
予備含め今あるチューブを使いたいのですが、
リムハイトが30mm長いのでバルブの長さが足りない・・・💦

「どうする?」

バルブの長さが足りない!そんな時はバルブエクステンダーでなんとかなる!

バルブエクステンダー!
便利な部品あるんですね😄

初めてお目に掛かった部品なので扱いがイマイチ分からず、一旦組んだもののバルブの繋ぎ目でエア漏れしてる💦
外してよく見ると、ネジ込み過ぎたのか、繋ぎ目がフレアのように少し広がってしまいました。
この部分、かなり肉厚が薄い。
修復して、さらに水道用のシールテープを付属のOリングの上から3〜4巻きしました。結果は👌
最初からこの処理した方が良いかも知れませんね😀

組み上がったバルブの様子。
うちにあるチューブでバルブ長さが一番短い34mmでこんな感じ。
バルブエクステンダー38mm
エアー入れるのにギリギリの長さなのかな?😅

今回使用したバルブエクステンダーです。
コレ、「シンクロ」ってのがミソで、エクステンダーのバルブネジを押しながら回すと、チューブのバルブも回してくれるって代物。
空気圧の調整も出来るし、エア漏れ防止にも効果大です!

おまけにこちらも。
エクステンダーの繋ぎ目に巻いたシールテープ。
水道用ですが、エアー配管でも使用出来ます。これを巻くと、エア漏れはもちろん、エクステンダーが緩みにくくなりました。

少しお高いですが、このタイヤは優秀です。
なんてったってグリップが違う!
入れてみれば違いは歴然❗️

作業終了〜!完成〜😁

レッドバージョン、イカしてる!

ブラックバージョン、シブい!ゴツい!


お気に入りのカーボンホイールのラチェット音と共に・・・😀

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

TOP