車にとって重要なパーツ、バッテリー!長持ちさせるための、ちょっと小細工バッテリー交換ってどんな事⁉️

少しでも不安を感じたら、早めの交換がGood!

週一乗れば上等のうちのコロナ、最近セルが重い。追加の充電もしているのにイマイチ。前回交換から丸4年、交換時期ですね☝️
オートマの車はバッテリー死んだらアウトですから、不安感じたら即交換!
今回はPanasonicにしました。
SBシリーズ N-85D26L

オーソドックスなタイプです。
メンテナンスフリーとか、色んなオマケ機能が付いたバッテリーもありますが、うちのコロナはコレで十分安心出来ます👌
お値段もお財布に優しいし😁

今回は少し小細工してみます

このまま装着しても良いのですが、今回は一手間掛けてみようかなと・・・。

エンジンルーム内の過酷な場所に鎮座するバッテリーさん、
少しでも心地よく居てもらうために熱対策してみます。

今時の車は最初からしっかり熱対策されてるんでしょうけど、この時代の車はそのまんま!
しかもうちのコロナのエンジンルームはメチャクチャ熱くなるので、
寒さ対策よりも熱さ対策です😅

使うのがこちら。
ダイソーにあったアルミ食器棚シート
薄いので2枚重ねで使います。
コロナの3T-GTEUのエンジンは、発熱量が多く、かなりエンジンルームが熱くなります。耐えられるのか不安ですが、とりあえず実験兼ねて製作😀

ハイ、出来上がり。
底面・側面ぐるりと包みました。
バッテリー交換は何度もしましたが、こんなマメなことしたのは初めて😁
効果は気休め程度?まだ分からない、あとは自己満足!

下準備は終わったので、交換作業に移ります

まずは4年お世話になったバッテリーを外します。
実はこのコロナのバッテリー、純正は「B」タイプでしたが、「D」タイプに交換してあるので、無理やり入れてる感じです。
スペースがカツカツなので外すのも入れるのもコツが必要なんです💦
そして、オーディオの設定が面倒なので、バックアップの電源繋いで作業します。

新しいバッテリーを入れます。
奥のヒューズ BOXに突起があるので、クリアファイルを挟んで滑らせながら入れると引っ掛かる事なく素直に入ります
あとは収まりの良い位置を探して・・・。

最後にステーで固定し、バッテリー端子を繋いで終了です👌

セルも元気に回るようになりました!
これで数年は安心ですね!

最後にもう一つ、意外と使えるバッテリー充電器!

上の記事にあるバックアップ電源ですが、実はこのバッテリー充電器なんです。
こんなのでちゃんと充電出来るのか?と半信半疑で購入しましたが、
そんな予想を完全に裏切ってくれました。

購入して1年ちょっとなのですが、追加充電で何度となく使用しています。
出力電流が小さいので時間は掛かりますが、ちゃんと充電します。

ACコンセント電源が取れて車載状態で繋ぎ、放置出来る環境なら手間要らず。
充電完了もインジゲーターランプで確認OK!

⬇︎この価格ならばコスパ最高で満足です😁

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

当サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

TOP